So-net無料ブログ作成

やきとりにも行ってみよう! [おいしいもの]

 
こんにちは!
 
 
ここのところ、「俺の」シリーズに目覚め(!?)、
またまた同僚さんが予約してくれたので、
先日もイソイソと出かけました~
 
 
『俺のやきとり 銀座9丁目店  
通常はお高級な料理を手軽に味わえることでお馴染みの
イタリアンやフレンチに対し、やきとりとはこれいかに??
 
 
NEC_1772.JPG
焼鳥5本盛り合わせ
うんこれは、まさしく焼鳥です!(笑)
 
 
NEC_1774.JPG
俺んちの唐揚げ
さすが「俺んちの」と冠するだけあって、
モモ肉に留まらず、手羽やら皮やら色んな部位の揚げ物祭り。
これは相当にボリュームのある一皿。  
 
 
NEC_1775.JPG
海老春巻き
春巻きの皮を折り込まずにくるくるっと丸めて海老を包んだ形状。
だからサイズがロング~
具の海老もぷりんぷりんで満足度高しでございました。
 
 
NEC_1777.JPG
牛タンの葱味噌田楽
牛タン厚っ!そして柔らかっ(@o@i) 
和風ビーフシチューといった雰囲気のよ~く煮込まれた牛タンは
お箸でもほろりと崩れて、中までしっかり葱味噌味。
 
 
NEC_1776.JPG
ウニのスフレ
茶碗蒸しを更にふわっふわのほわんほわんにした感じの
とろける食感とウニのリッチなコクとカホリが最高~
ってあれ?確かわたしたち・・・焼鳥屋さんに来たんだよね!? 
 
 
NEC_1779.JPG
オマール海老のポワレ~和風バターソース~
大きなオマール様が3尾も鎮座。
数量限定らしく、食べられるか心配だったのですが、
無事私たちのテーブルにもやって来てくれました♪
ソースに生海苔といくらが入っているのが和風ってことなのかな?  
海老はプリプリで文句なし! 
そして焼鳥には一切関係なーしっ!
 
 
NEC_1778.JPG
あんこうとあん肝のポワレ
オレンジの↑があん肝でブロッコリーの下の白っぽいのがあんこうの身。
あん肝とはちびちび食べるもの。と思っている私たちにの前に、
どーんと大迫力で登場した酢豚のお肉のようなあん肝^^
フォアグラのトラウマがふと蘇えるも、食べ過ぎなければ美味しい~!(当たり前) 
 
 
NEC_1771.JPG
和牛たたき寿司
もはややきとりからは大きく外れ、お寿司まで(^。^:) 
確かお肉が柔らかくって、美味しかった記憶です。。 
 
 
NEC_1780.JPG
俺の巻き寿司
事前のリサーチで絶対食べたいと思っていた一品。
なのにあろうことか、ここに至るまでに非常に満腹になってしまい、
誰も彼もが無理矢理食べる、みたいな失礼な扱いに。。
ごめんよぉ~俺の巻き寿司(><)
空腹で食べたら、もっと美味しかったに違いないっ。
 
 
この日は5人で乗り込んだのですが、撮ったはずの画像が何枚か消えておりまして、 
実はあと3~4品ほどあったんです(n_n;) 
一皿700~800円程度のものが多いので、量が少なめかと思いきや、、
 「俺の」シリーズの太っ腹さを甘く見てはいけなかった!
結果、誠に不本意ながら遂にデザートまでたどり着けずでございました(ToT)
とは言えこんなに食べて、お会計は一人約3,700円程は、
俺のシリーズの中でも驚きのコストパフォーマンスの高さなのでした!
 
 
来月は、「俺の割烹」に行く予定なので、
今度こそは、うまくオーダーしてデザートまでいくぞぉ~(*^ー^)q
 
 
 
 
 
 【おまけ】
すっごく久しぶりに後楽園のラクーアに立ち寄ったら・・ 
 
NEC_1781.JPG
大きなカルーセルや、 
 
 
NEC_1782.JPG
ツリーや、 
 
 
NEC_1784.JPG
万華鏡のような光のドームが
できておりました。
 
 
皆さま、素敵なクリスマスを~☆ 
 
 
NEC_1783.JPG
 ムーミンのベーカリー&カフェなるものまでできていたっ。
 
 
 

nice!(15)  コメント(8) 
共通テーマ:グルメ・料理

フレンチにも行ってみよう♪ [おいしいもの]

 
こんにちは! 
 
 
先月のイタリアンに続きまして、今度はこちらに行ってみました♪
『俺のフレンチ TableTaku』
住所は銀座ですが、電車なら新橋駅が近いかな?
こじんまりとした雑居ビルの2Fにややひっそりとある感じ。


NEC_1733.JPG
このイラストの通り、
時間によってはJAZZライブが楽しめちゃいます。


NEC_1734.JPG
今回も同僚さんが頑張って電話をしてくれたお陰で予約に成功し、
とても居心地のいいボックス席に案内されたのでした♪
さて、何を食べますかね~
 
 
NEC_1735.JPG
私のドリンク、フォール・イン・ラヴ
オーダーするのが何だか照れくさいこちらは、
お食事に合うという、ワインボトルに入った手摘みの高級茶だそうで、
実際、グラスワインよりお値段高め(^_^;) 
ビジュアルは白ワインみたいだけれど、お味はお茶なり。
 
 
NEC_1736.JPG
お連れさんたちは、俺のシャンパン
おぉ、、見事な表面張力(@o@i)


NEC_1737.JPG
アミューズはオリーブ盛り合わせ
種が抜いてあるものもあって、丁寧なお仕事が嬉しいっ。
 
 
NEC_1738.JPG
トリュフバター(手前)メゾンカイザーの美味しいパン(奥)
このバターがもう絶品でございまして、お代わりしたほど。
だってですね、つぶつぶトリュフがこんなに入って、
150円なんですよぉ~
 
 
NEC_1741.JPG
淡路玉ねぎのグラタン
甘い玉ねぎがとろけるぅ~♪
そしてチーズが美味しいっ!
 
 
NEC_1742.JPG
フォアグラの粕漬け
お皿が黒いせいか、うまく撮れなかったのですが、
直径3センチ・厚み1センチくらいのフォアグラが3つ。
粕漬けだけあって、甘酒のようなわさび漬けのような不思議なお味。
 
 
NEC_1743.JPG
フォアグラ西京漬け
な、なんという贅沢な。
げんこつ大の大きなフォアグラ×2個がどどーーん!
まろやかな西京味噌とフォアグラも合うんですねぇ。
 
 
NEC_1745.JPG
松茸のスープ パイ包み
裏メニューとの説明を受け、ホイホイとオーダー(笑)
写真はパイをくずしたところなんですが、スープより具が多いのでは!?
ってほどの具沢山。


NEC_1746.JPG
シャラン鴨胸肉のエピス風味
好きなんですよぅ。。鴨ちゃん☆
確か、茶色いのはごぼうのソースでして、
初めて食べるんだけどどこか懐かしい風味^^
お肉、柔らかかったなぁ。。
 
 
NEC_1747.JPG
牛フィレ肉とフォアグラのパイ包み
おかしな写りになっているのが残念でならないのですが、
分厚いお肉+フォアグラ+トリュフがパイに包まれている何とも豪華なメイン料理。
フォアグラが肉より厚いなんて~
 
 
がしかし、
この辺りで贅沢にも、フォアグラを食べ過ぎてもたれ始める面々・・( ̄▽ ̄#) 
一生分のフォアグラをこの日摂取してしまったんじゃないだろうか。。
ここで慌てて野菜をオーダーするのでした。 
こうして形式を気にせず楽しめるのも「俺」の魅力ですしねー 
 
 
NEC_1748.JPG
こだわり野菜のバーニャカウダー
アンチョビソースとバジルソースだったかな?
珍しい野菜も食べられるし、胃が休まる気がするぅ~ 
こういうのを先に食べるべきでした(n_n;) 
 
 
NEC_1749.JPG
ホワイトアスパラのグリル
太くて食べ応えのあるシャッキリシャキシャキな食感がたまりません。
ソースとの相性もバッチリ! 
 
 
さ、デザート行ってみよう~!!
 
 
NEC_1750.JPG
コーヒー
イタリアンでは「ないんですぅ」と言われたコーヒーがあったのはポイント高し。
 
 
NEC_1752.JPG
クレームブリュレ
オーブンで焼いていないとのことで、中はトロントロ~ン。
 
 
NEC_1753.JPG
マスカルポーネアイスのアフォガード
絶対に食べたいと思っていたデザートだったのですが、 
期待通り、あいや期待以上に、すご~~く美味!!
なんてクリーミィーなんでしょ。 
 
 
NEC_1754.JPG
胡麻のブランマンジェ 抹茶ソース
急に和テイストで・・^^;
 
 
と、このように今回も大いに食べまくり、
前回よりも食べちゃったかねぇ、、なんて話していたのですが、
お会計をすると確かに前回よりちょい高の1人4500円程。
(前回イタリアンは1人4000円でした)
 そっかフォアグラ祭りみたいだったもんね~と納得しつつもレシートを見ると、
ミュージックチャージなるものが 1人300円ほど加算されているのを発見。
そう実は、途中でライブ演奏がありまして、ラッキーだね~と喜んでいたけれど、
しっかりチャージされていたのでした(^_^;) 
でも、楽しかったので文句はございません! 
結果、料理と飲み物で前回とほぼ同額だったということは、
やはり、コストパフォーマンスは最高に高いのであります! 
 
 
今月はこの後、「俺の焼鳥」にも行く予定になっておりまして、
何とも楽しみな年の瀬です^^
 
 
 
 

nice!(18)  コメント(7) 
共通テーマ:グルメ・料理

俺のイタリアン! [おいしいもの]

こんにちは!
 
 
すっかり秋ですね~
と、言いたいところですが、秋はどこへ~!?
昨日、ちょっと薄手のアウターを着てお仕事に行きましたところ、、、寒っ!
秋スタイルをまったく楽しめないまま厚手のコートに突入してしまいそうですねぇ。。


と、そんな11月中旬。
食欲だけはしっかり秋を満喫しておりますゆえ、
初めて、俺のシリーズより、
『俺のイタリアン』
に行くことができました♪ 
正確には、「俺のイタリアン マルシェ」というほうです。 
 
 
NEC_1684.JPG
同僚さんが予約を取ってくれたおかげで初潜入が実現!
19時少し前に到着したら、まだ行列はなしでした。
 
 
NEC_1685.JPG
テーブルの準備ができるまで、お店の前で暫し待つ。
数量限定メニューが気になるぅ~


NEC_1686.JPG
手前のジンジャーエールは私のドリンク。
私以外の人は、俺の泡なるシャンパンをお飲みになっておられました^^
奥のグラスは空なのでなくギリギリまで注がれているんですよ~
白い器は、お通し(=アミューズって書かれてます^^;)的なチーズなのですが、
パルミジャーノ・レッジャーノなのかな?
ホロホロっとしていて早速美味しい!!
 
 
NEC_1688.JPG
俺ん家のサラダ
大きな木の器で登場した豪快な一品で、
カリカリのパンチェッタやチーズがよいアクセントにぃ。
モリモリいけちゃいます!


NEC_1689.JPG
パルマ産生ハム
う~ん、美しい☆
せっかくのイタリアンですものぉ。
これはいかねば!
 
 
NEC_1691.JPG
カキのピザ窯焼き
名前の通り、ご自慢のピザ釜で焼いたというカキは
ぷりんぷりんのじゅるんじゅるん(笑)
下に敷き詰められた葉っぱがベビーリーフっていうのもポイント高しです!
 
 
 NEC_1690.JPG
ソフトシェルシュリンプのアヒージョ
これ最高~!!
 柔らか~い殻ごと食べると何とも香ばしくクセになるお味で、
残ったソースにバケットを浸せば、何個でも食べられちゃうキケンなヤツ!
 
 
NEC_1693.JPG
 イベリコ豚のロースト
この分厚さといい、焼き加減といい、すんばらしいぃ~
ちょいと甘めのバルサミコソースとの相性抜群で、
左上にちらりと写っているオレンジ色のママレードみたいなソースも
なかなか合いますなぁ。。
 
 
NEC_1694.JPG
黒毛和牛のフォアグラ・黒トリュフのロッシーニスタイル
写真がヘッポコで伝えきれないのが残念ですが、
これがもう贅沢すぎる一皿でして、フォアグラやトリュフソースも絶品ならば、
柔らかいフィレ肉の下にはマッシュポテトかと思いきや、
トウモロコシのピューレが敷き詰められているという抜かりなさ。
 
 
NEC_1697.JPG
トリュフとフォアグラのリゾット
んもう~やめて~~!!美味しすぎだよぉ。。
どこまでも濃厚で、ポルチーニのしっかりしたカホリが非常にリッチな気分にぃ。
一緒に行ったお連れさんたちは、これが一番美味しかったと絶賛!
 
 
NEC_1695.JPG
オマール海老とほうれん草のパスタ フレッシュトマトソース
ビッグなオマール様の半身がドーンと横たわる、これまた贅沢な一皿。
パスタはビーゴリなのかな?
うどんのように太くて、ここにきてガッツリ食べ応え満点の炭水化物を摂取(^ー^;) 
 
 
 
ここまですごい勢いで食べまして、かなり満腹ではあったのですが、
誰一人弱音を吐くことなく(!?)、ドルチェへと突入~!! 
 
 
NEC_1700.JPG
エスプレッソ入りガトーショコラ
手前の白いのはバニラアイス。
好みの真っ黒くて濃ゆい生地と共にいただくと、何ともシアワセ~
 
 
NEC_1698.JPG
ティラミス
ドルチェといえば、これですよね~
しっとりウエットな生地とふんわりクリーミーなマスカルポーネは
間違いない組み合せ☆
 
 
NEC_1699.JPG
パンナコッタ
個人的にはフルーツソースでないほうが好みではありますが、、
パンナコッタ自体はミルキーですっごく美味しかったです♪ 
 
 
 と、これだけ食べて飲んで、、
約16,000円(@o@i)
4人だったので、1人4,000円という驚きのロープライス!
高くて美味しいのは当然な気もしますが、
これだけ美味しくて手頃なのは、本当にすごいですっ。
人気の秘密はまさにここなんだなぁと改めて感じました。
予約の電話がなかなか繋がらないけれど、また是非チャレンジしたいです♪ 
 
 ごちそうさまでしたー!!


nice!(19)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。